Menu

徳芙蘭レジャー農業区

徳芙蘭(ダフラン)レジャー農業区は、台中市和平区博愛里にあります。主に、松鶴部落と里冷部落に分わかれています。特産の『八仙山茶』区と合わせた、この三大区域は、総面積が576.9ヘクタール、標高約6001,200メートルになります。;原住民の泰雅(タイヤル)族と漢民族が人口の半々を占めます。主要な農産物は、みかん、オレンジ、桃、ナシ、プラム、柿、シイタケ、キクラゲ、紅茶および季節ごと旬野菜などになります。漁業は、マスとチョウザメが盛んです。松鶴部落の林業の作業場坑道には、ひのき板屋が軒を連ねていて(過去に政府下農業委員会林務局職員の宿舎)、日本植民地時代は、台湾三大営林場の一つ「八仙山」営林場でした。文句なしで、歴史を目撃証言し続けています。里冷部落には、7つ全て異色の姿をみせる滝「七重の滝」があります。山道の「四壯士五葉松步道」(意味:四名勇士と五大松の木)そして、里冷林道は、豊富な観光資源となっています;「谷関七雄」(意味:中部の7大山々)の一つ「唐麻丹山」の山道は、松鶴部落と里冷部落をつないでいます。;当エリアは、八仙山森林遊楽区、谷関温泉景勝地、そして参山国家風景区等はじめとする観光スポットに隣接しています、そのため豊富なレジャーとリラックスしていただける資源を提供しています。

德芙蘭休閒農業區
error: Content is protected !! 內容保護中 !!