Menu

大雪山レジャー農業区

大雪山国家森林遊楽区は、雪山山脈の西南から主稜の後方へと向かうエリアに位置し、標高は、最も高い小雪山から西南の鞍馬山、船型山、稍来山へと、約1,000メートルにわたり稍来溪の溪谷に沿って続いています。

かつては台湾中部地区の重要な林業地でした。森林資源の豊かさに恵まれ、熱帯、温帯、亜寒帯の三種の森林帯が広がり、それぞれ独特の生態と保有林の様相を見せています。