Menu

花海エリア

花海景観区

出展社:農業委員会種苗改良繁殖場 イベント内容:今年の新社花海イベント景観エリア面積は約16.5ヘクタールを有し、「精緻草花エリア」と「景観草花エリア」に分かれています。「景観草花エリア」は、14ヘクタールを占め、ハルシャギク、百日草などが、一面を埋め尽くすように咲き誇り、ピンク色の波を打つように、素晴らしい景観を描いています。「精緻草花エリア」の面積は2.5ヘクタールほどで、セージ、クジャク草、羽の形をした鶏冠花やハルシャギクなどの花があり、花一つ一つの色合いの変化や高低差がいつくもの層を形成し、一面に広がる世界に圧巻させられます。

飲食エリア

出展社:農業委員会種苗改良繁殖場  イベント内容:飲食エリアのデザインは、客家の要素をテーマとし、桐花、油紙傘と客家シャツのトーテム模様を取り入れています。エリア入口には、客家の花布、花布灯籠そして野菜などがメインに装飾されています。展示コーナーでは、客家食材の元となる種、農産物も展示されています。作物の種類は、ウリ類、豆類、ハナヤサイ類、ナス果実類、根茎類、菜っ葉類などの30種類近くの作物を含んでいます。農産物の展示品は、各種加工品(漬け物、ドライ梅類、ドライ大根等)、味噌醤油漬けの野菜など、20種以上の客家特色のある産物です。  イベント詳細:午前、午後1回ずつ、野菜の鉢植え法とウマゴヤシの食育を体験できます。 イベント期間:2018年12月1日~12月16日。每日午前・午後に各1回開催。

特色作物区(コウリャン区)

出展社:農業委員会種苗改良繁殖場 イベント内容:種苗改良繁殖場は、長期にわたり台中5番のコウリャン(モロコシ)種を生産し、金門などの地区に提供してきました。金門の高粱酒産業の発展に重要な一石を投じてきました。今年の高粱栽培面積は16ヘクタールで、当主催者側では、この場所で、農業生産の様子を再現し、来場者の方に、この特色ある作物・高粱を身近に感じてもらおうと企画しました。

客家文化エリア

出展社:台中市政府客家委員会 イベント内容:「花が咲く音を傾聴する」を起点として、「レコード・プレイヤー」と「花」を巧みにコラボレーションさせた結果、まるで花びらの中から、優美なメロディーを奏で、ロマンチックな台3線南端の入口をイメージさせる作りとなりました。そして、「山中の客人の村とは、花の果実である台中」を特色にかかげ、台中の果実要素と客家の建物を加え、台3線の客人の村として、旅、スローフード、健康的生活の風情を描写しています。

 

error: Content is protected !! 內容保護中 !!