Menu

抽藤坑レジャー農業区

 

新社区抽藤坑レジャー農業区は台中市新社区中和里行政区を核心とし、その範囲は全中和里、新社区の中で一番綺麗な景色の一つです。河川地形により山岳が多くあります、また大甲溪と隣接、区内に抽藤坑溪も通過しており、山紫水明、森による豊かなな生態資源があります。直轄市に昇格した新社は、農業発展に「都会農業」特質のある、台中中心部の郊外地域になりました、この地域でレジャー農業を発展するのは市民の休憩にとって必要であり、農業及び農村資源を運用、体験イベントを考案、観光客に農業体験、自然生態体験、景色体験、農村文化体験などの機会を作る。現在区内にはレジャー農園、民宿などのレジャー産業が営業しています。それに歴史のある農業灌漑ー白冷圳を加え、レジャー採集に白冷圳の歷史文化の旅、新社区の一番盛り上がるレジャー観光地域になります。抽藤坑レジャー農業区內では豊かな農産品があり、一年中違う農産品があります。一番有名のキノコ、白ゴーや以外に、梨、桃、スモモ、梅、シトラス、ダンジェリン、茂谷柑と甘柿などの果物があり、品質の評判もいいです。区内は果物以外にも、桜、桃の花、梅の花、桐の花、生姜の花、オスマンサス、ワスレグサ花畑などの花があります。

四季折々に変化し、区内で農特産品を堪能するほか、さらに様々な選択やサプライズがあります。抽藤坑レジャー農業区は山林の間にあるため、昆虫も見えます、特に注目すべきは昆虫で人気な蛍です。近年は強力的に蛍の再生を専念してます、本区で最優秀の生態資源です。抽藤坑及び暗影坑の水が注入することにより、山の原始林木はいい状態に保存されています、自然生態豊、毎年の4、5月の間は蛍シーズンです。数が多く、地上は星みたいになります、魅力的で、レジャー農業九の一大特色です。毎年も蛍シーズンイベントを開催します、当区のメインイベントの一つであります。生態保育を推進しているため、カブトムシが好きな植物―シマトネリコも植え始めました、カブトムシが育成に似合う環境を作りだし、当区のカブトムシの数をもっと増やし、もう一つの特色生態資源になると思います。