Menu

台中国際花毯節

メイン作品-バラの惑星

「世界中は五千輪の君とそっくりの花があるけど、君は私にとって唯一無二のバラです。」

王子さまは旅し続いたあと、惑星に戻ってきた。愛と希望を象徴するバラをキスしていて、飛行機とキツネはお祝いしている。

■メイン作品ショー:09:00-16:00、一時間ごとに開演。

 

「王さま、日に山に沈むと命令できますか。」

王さまは王座に座り王笏を振り回していて、すべての権力を持っているようだ。王さまはなぜ自分の権力を守るのか王子さまは知らなかった。

 

欲望商人

「私は星を占有している。私の前に星を欲しい人はいなかったからだ。」

商人は目の前にある数字と星を数えていた。占有したいだけで、星の美に与えることはなく、彼のものではないかもしれないものを執着している。

 

さよなら花壁

とうとう、別れの時が来た。王子さまは壁にあるヘビと話し合い、名残惜しく地球とバイバイして、自分の星に戻ろうとしている。

 

初心に帰る

「人は心で見るだけで真実が見える。物事の真実は目で見えない。」

各惑星の人々は自分の旅に出て、台中にたどり着き、王子さまと一緒に夕日を見ている。

 

 

error: Content is protected !! 內容保護中 !!